初めての大型犬

賢い大型犬ですが、大型犬ならではの大変なことも

大型犬は目立つから、色々な人に覚えられる!

サーブが家に来た時は本当に小さくてかわいくて仕方がありませんでした。

成長は早いもので、あっという間に大きくなった犬ですが、心が優しくて私が落ち込んでいると、「どうしたの?」という顔で寄ってきて
私の近くにずっといてくれました。

そして家族の中心的存在になった犬です。


近所からも人気者で、飼い主が知らない人でもサーブと声をかけてもらうほどの人気がありました。
何をするにも一緒で、かけがえない存在です。


サーブが来てから楽しいことがいっぱいありました。
帰宅したらなぜか玄関にフライパン、ちょっと進むとハシや茶わん、サーブが一人の時に台所から持ってきてしまったものでした。
怒る気にもならず笑ってしまいました。一つずつ運んでいる姿を想像するだけで笑えました。


また、帰宅すると仏壇に朝あげていたご飯が無くなっているんです。
戸が閉まっているので誰かが片付けていたんだろうと思っていたのですが、誰も片付けていないと言うんです。


ある日休みの時にカタンって音がするので行ってみたらサーブがドアを開けて仏壇のご飯を食べていました。

食べ終わると何もなかったような顔で出てきて戸を閉めているので可笑しくなってしまいました。

まさかきちんとドアを閉めてくるとは誰も思わなかった行動でしたので、本当に犬なの?と思わせてくれるような行動で笑うしかなかったです。

食事の量が多い&散歩が大変!

やっぱり大型犬ですので、ご飯の量が半端なく多く、毎月の食費がかかりました。
どんなにあげても食べるので、ドックフードを10キロ単位で月2回買っていました。
買い物に行くのも一苦労です。


散歩も行くのですが、力が強くて引っ張られたりもしました。
サーブは人の言葉がわかるようで、広場で離してボールで遊んでいたりして「さて帰ろうかな」というと絶対に捕まることがなく、
サーブが納得するまで散歩をしないと家には帰れませんでした。

また朝は5時に散歩行こうと起こされて、2時間は散歩とボール遊び、夕方は帰ってきたら散歩行こうとせがまれ3時間もかかったりします。


大型犬は散歩量が多いと聞いていましたがまさか朝と夕方合わせて5時間もするとは思ってもいませんでした。

毎日の日課で、散歩の量が少なかったり遊び量が少なかったりすると帰宅後にまた行こうとせがまれたりもします。


サーブが来てからというもの、家に置いていくのが出来なくて、遠くに旅行に行くこともなくなりました。

MENU