大変でもかわいい!ねこを飼う楽しみ

甘えた仕草も、つれない仕草も、とにかくかわいい!

ちょっとした仕草もかわいい、うちの猫

家でねこを飼うようになって、家族が和やかな雰囲気でいられることが多くなりました。
ねこの何気ない仕草を見ては、皆で一喜一憂する毎日を過ごしています。

「ねこが布団で一緒に寝てくれた!」、「目があったらウィンクしてくれた」、「手をやさしく舐めてくれた」など、
些細なことばかりなのですが、飼い主にとってはどれもたまらない瞬間となっています。


またねこは遊び好きでもあり、暇さえあれば遊んでほしいとおねだりしてきます。

わが家のねこのお気に入りは、懐中電灯やねこじゃらしを使った遊びです。

これらの遊びをしていると、ねこが段々と本気になっていくのがわかります。
腰を低くして身構える、お尻を左右に振るなどの仕草がまたかわいくて、こちらもつい本気になって遊ばせてしまいます。


さらに飼い主の楽しみなのは、これらの様子をカメラに収めることです。
それは静止画であったり動画であったりするのですが、今はスマホがあるのでいつでも簡単に撮影できるのが嬉しいです。

そして撮影した画像は、スライドショーにして楽しむことができます。


家族がそろったときにリビングのテレビで見ると、とても盛り上がるのでおススメです。

大変なことも多いけど、それ以上に楽しい猫との生活

ねこと一緒に暮らしていると、ご飯の支度やトイレの掃除などのお世話が必要になります。

ご飯についていえば、ねこには「待て」が通用しないので困っています。
お腹が空いてくると、鳴いてみたり体を摺り寄せてきてアピールが止まらなくなります。

それでも通じないと思うと、噛む、引っかくなどの手段に出てくるので怖いです。


ねこにおねだりされているうちに、こちらが悪いことをしているような気がして罪悪感を感じることもあります。


またねこがトイレをした後は、床に砂が散らかってしまいます。
ねこ砂をきれいにするだけでなく、床の掃除機がけも必要で、時には面倒に思うことがあります。


それからねこは飼い主の気を引こうとして、わざと邪魔をするような行動をとります。

特に困るのはパソコンで作業をしているときに、キーボードの上で寝てしまうことでしょうか。

このようなときは素直にあきらめて、他に出来ることを探すしかありません。


たまにはねこを連れて旅行に出かけたいと思うのですが、それはねこにとってストレスになってしまうようです。
そのため、ねこと暮らしている間は泊りがけの旅行に行くことはできないとあきらめています。
ねこを連れて行くことが出来ませんし、ねこを留守番させて旅行に出かけることも考えられないからです。

MENU